ビール腹になる原因と対処法、治し方や解消法について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中年男性であれば、ビール腹に悩まれる方も多いのではないでしょうか?下腹がポコッと出てしまい、「THEオジサン体型!」といった感じで非常にみっともないですよね・・・今回はそんなビール腹になる原因と、対処法や治し方、解消法についてご紹介します。

 

1.ビール腹とは?

「ビール腹とは、ビールの飲みすぎでお腹が出た状態のことを指す」

世間一般では、このように認識されていると思いますが、実はこれは”大きな勘違い”です。

実際はビールの飲みすぎで出たお腹につけた名称ではなく、ビールを保存しておく”ビール樽”のような体型に対して、「ビール腹」と呼んでいるだけです。下腹が出たよくある中年男性の肥満体型ですね。

ですので仮にビールを飲んでいなくても、「ビール樽」のような体であれば、誰にでもビール腹は当てはまることになります。

 

ビールは太らない?

ビールは他のお酒類に比べても、カロリーは低めに設定されています。プリン体が多いので、「高カロリー」と決め付けられていますが、チュウハイなど糖が多く含んでいるお酒に比べれば、全然ヘルシーです。

ビール自体にはそこまでカロリーは高くないので、”ビールを飲むだけで太る”というのはあまり考えられません。

飲みすぎはよくありませんが、それよりも注意して欲しいのは、ビールと一緒に摂取する「おつまみ」です。

他のお酒に比べても、ビールはおつまみと併せて摂取することが多いです。そのせいでたくさんの”カロリー”を摂ってしまい、肥満に繋がるケースが多いです。

ビール本体ではなく、おつまみの”過剰摂取”が肥満に繋がるのには、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

 

ビールを飲んでいない人でもビール腹になる

ビールを飲む人は、おつまみの摂取が多くビール腹になりやすいです。

しかしビールを飲んでいなくても、「糖質」「脂質」の摂りすぎであったり、極度の運動不足であればビール腹は誰にでもなる可能性があります。

「オレはビールを飲んでないから大丈夫!」
「私は中年オジサンじゃないから、ビール腹にはならない!」

こんな風に考えて、堕落した生活を送っていると、すぐにビール腹になってしまいますよ。

それでは次は、気になるビール腹になる原因についてご紹介していきます!

 

2.ビール腹になる原因や理由

 

ついついダラダラ飲んでしまう・・

毎日の晩酌は1日の楽しみとなります。夜仕事から帰ってきて、ビールをゆっくり飲む男性も多いはずです。

ビールはアルコール度数もそこまで高くなく、ゆっくりダラダラ飲むには最適なお酒です。ゆっくり飲んでいると、その時間はついつい高カロリーな「おつまみ」を一緒に摂取してしまいますよね・・・

これがビール腹になる第一の原因です。

時間をかけてお酒を飲むと、アルコールの量も増えますが、それに併せて”カロリーの高いおつまみ”の摂取量も増えてしまいます。

 

飲んですぐ寝てしまう

ビール腹になる続いての原因は、ビールを飲んだ後にすぐ寝てしまう事。仕事の後にたくさんビールを飲めば、気持ちよくなってそのまま眠るのが至福ですよね。

カロリーを摂った後に”寝る”という行為を行うと、もっとも摂取したカロリーの吸収率を高めることになります。

ビールを何杯も飲んで、さらにお菓子やおつまみを摂取した後に、そのまま寝てしまえば太るのも納得できますね。

 

アルコールの取りすぎで肝機能が低下している

会社の付き合いやお酒が好きで、毎日毎日ビールを飲んでしまっている人は注意が必要です。

過剰なアルコールは肝臓に大きな負担をかけますので、肝機能が低下します。

肝機能が低下しますと、分解する力が弱まり太るのはもちろんですが、「脂肪肝」「アルコール性肝炎」などを引き起こす恐れもあります。

お酒の摂取量は程ほどにして、健康管理も怠らないようにしたいですね。

 

ビールの後の締めの炭水化物

ビールを飲んだ後といえば、やっぱり「締めの一品」がおいしいですよね。

「ラーメン」「お茶漬け」「うどん」など、ビールのあとの締めには、炭水化物を取られる方が多いです。

炭水化物は糖質が高いので、太るのには最適な食べ物です。たまにならいいですが、毎日のように「ビール+おつまみ+炭水化物」を食べている人は気をつけましょう。

 

日頃の運動不足

”ビール腹”という名称がついていると、ビールが原因と考えがちですが、実際には日頃の生活習慣も大きく影響しています。

その中でも「運動不足」は、肥満を引き起こす最大の原因です。

毎日ジョギングをしたり、ウォーキングするだけでも無駄な脂肪を落とすことは可能ですよ。

 

3.ビール腹の治し方や対処法

続いてはビール腹や肥満体型の、治し方や解消法、対処法などについてご紹介します。ビール腹に悩んでいる中年男性であれば、是非取り入れてスリムな体型を目指しましょう!

 

アルコール量を減らし、ビールを飲む時間を短くする

ビールを毎日3本、4本と飲んでいる人であれば、何時間も掛けてお酒を飲んでいるかと思います。

そういった人は、できれば毎日のビールの量は1本に抑えて、飲む時間も短縮するのがオススメ。30分程度で食事とビールを済ませれば、ダラダラとお菓子やおつまみを食べる事もなくなるし、ビール腹が治るかもしれません。

 

カロリーの低いおつまみ選び

ビールに合うからといって、カロリーの高いお菓子やおつまみをバクバクと食べていませんか?

「枝豆」「豆腐」「漬物」などの、カロリーが低く体に良いおつまみを選ぶのも対処法としては効果的です。

間違っても「から揚げ」や「ピザ」といった、高カロリーなおつまみを選ばないように注意しましょう!

 

飲んですぐ寝ない

夜遅くに飲むと、どうしても飲んですぐに寝てしまいます。そうすると摂取した食事すべてが脂肪へと変わってしまいます。

できれば早い時間にお酒を飲んでしまったり、飲んだ後すぐ寝ないように心がけてください。

飲んだ後しばらく横にならないだけでも、脂肪燃焼に繋がります。

 

肝臓を休める期間を設ける

毎日毎日大量のアルコールを摂取していれば、肝臓が弱っている可能性が高いです。仕事であれば断れないかもしれませんが、「医者に止められている」「肝臓の調子が悪い」などと言えば、周囲の人も無理にはお酒を進めないはずです。

毎日アルコールを摂取せずに、1週間に飲む回数を減らすことで、肝機能を回復させましょう。

そうすれば、分解スピードが早くなり肥満も解消されます。

 

食事量をセーブする

朝・昼・夜の食事はどのように摂取していますか?朝や昼の炭水化物を抜くだけでも、ビール腹を解消するには効果的です。

晩酌時におつまみを食べるのを止められないのであれば、普段の食事で制限を心がけるようにしましょう。

炭水化物や脂っぽいものを極力控え、野菜中心の生活にすれば晩酌時にちょっとくらい好きなものを食べても、痩せていきます。

 

腸内環境をよくする

腸内環境が悪いと、「吸収」「消化」する力が弱まり、便が腸内に溜まってしまいます。

便秘の人で下腹がポコッと出ている人がいらっしゃいますが、これも見た目はビール腹とそう変わりません。

野菜を中心として、食物繊維を摂るなど食生活を見直すことが解消に繋がります。

 

自宅での筋トレを取り入れる

自宅で簡単な筋トレを取り入れるだけでも、ビール腹を解消するには効果的です。

オススメのメニューとしては、「腹筋」はもちろんですが、加えて「スクワット」を実践できるといいですね。

スクワットは全身の筋肉を使うので、ダイエットにはベストな筋トレと言われています。

 

ジョギングやウォーキングを取り入れる

自宅周辺をジョギングしたりウォーキングするのも効果的です。有酸素運動はダイエットには非常に効果的で、お手軽にできるので是非取り入れていただきたい。

とは言っても、やっぱり毎日外を走ったり歩くのは退屈で面倒ですよね・・・そんな時は、自宅で使えるランニングマシーンなどを購入しておくと、テレビを見ながら運動できるのでオススメ。

ジョギングやウォーキングは、始めてから20分経過してから、ようやく脂肪燃焼が始まります。

5分、10分で止めてしまうと、そもそも意味がないので気をつけましょう。

有酸素運動は、内臓脂肪や皮下脂肪などの燃焼にも効果的です。

 

腹筋ローラーで鍛える

腹筋ローラーは安いし腹筋を効率よく鍛えられるのでオススメ。

腹筋ローラーは初心者の場合は、膝をついた状態で行うようにしましょう。腹筋や腰が強い人であれば、膝をつかない状態から行ってもOK。ただし膝をつかずに腕を伸ばしきると、相当負荷がかかるし、余裕がないと怪我をする恐れもあります。

まずは膝をついた状態で少しずつ手を伸ばしていきましょう。

 

VアップシェイパーEMSで腹筋を割る


VアップシェイパーEMSは、脳の代わりに電気を使って筋肉を刺激させます。筋肉に最適とされる「200ヘルツ~500ヘルツ」の電流を流すことで、インナーマッスルとアウターマッスルに同時に筋トレの効果を与えます。

腹筋に直接VアップシェイパーEMSが働きかけてくれるので、装着しているだけでお腹周りを鍛える事が可能です。


「筋トレが面倒。」
「筋トレが続かない。」

上記のように感じている方に是非オススメの筋トレグッズです。装着しているだけでOKですが、腹筋への”負荷”はかかりますので、装着後は疲労感を得られます。


【VアップシェイパーEMSの詳細】

・単品購入 10,980円
・定期購入 12,960円(ジェル付き)
・送料無料

 

4.まとめ

以上です。今回は、ビール腹になる原因と対処法、治し方や解消法についてご紹介しました。

”ビール腹はビールを飲むからなるもの”

こんな風に考えている人が多いですが、実際にはビールの飲み方であったり、一緒に摂取する”おつまみ”や”お菓子”などが太る理由です。

飲み方や飲むペースを考えたり、定期的な運動を取り入れれば、ビール腹のような肥満体型になるのを防ぐことができます。

ビール腹になるとお腹がポコッと出てしまい、典型的なオジサン体型になるのでカッコ悪いです。

今回ご紹介した、ビール腹の治し方をキチンと実行して、スッキリしたスマートな体型を目指してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*