外出先での鼻毛が気になる!会社や学校でも出来る処理方法や予防方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社や学校、ちょっとした外出先でふとした時に出てしまう鼻毛・・・。鼻毛が出てしまうと、とっても恥ずかしいし、なんだか鼻がムズムズして気になりますよね?

鼻毛が出てくると、気になってしまい何も集中できなくなります。鼻毛に気付いたら抜く方が多いと思いますが、個人的にはこれはNG。

鼻毛は上手く抜けないと、引っ張った反動で隠れてしまう場合があります。そうなると1日中気になってしょうがないので大変です。

今回は、外出先でも手軽にできるオススメの鼻毛の処理方法と、そもそも鼻毛を出さない予防策についてご紹介します!

 

1.外出先での鼻毛が気になる!

若い時は気にならなかったのですが、20代、30代となってくると、ふとした時に鼻毛が出ていることがあります。自宅であればいいのですが、会社や学校などの外出先で鼻毛が出ていると、とっても恥ずかしいですよね・・・・

鼻毛が出る時って、大抵は鼻の入り口付近がムズムズして”違和感”を感じます。気になってみて鏡でチェックしてみると、、、、太くて長い鼻毛が飛び出しています。

デート中であったり誰かと会話した後であれば、見られている可能性もあるのでゾッとしますよね・・・

学校であれば同級生の間で噂になっているかもしれません。

 

処理しても数日経つと再び出てくる・・・

鼻毛は一時的に処理したとしても、数日後忘れた頃に再び出てきます。しかもほとんどが、自宅ではなく外出先で発見します。(私の場合)

さらに出てくる頻度は不定期だから非常に困ります。出ない時は数ヶ月放っておいても出てきませんが、出てくる時は数週間後には飛び出てきます。

 

抜く&押し込むはNG!

外出先で鼻毛が出ている時にやりがちなのが、「鼻毛を抜く」または「鼻毛を中に押し込む」といった対処法。

まず鼻毛を中に押し込むと、ものの数分で鼻毛がすぐに出てくるのでオススメしません。鼻毛を手で抜くのも、綺麗に抜ければいいのですが、抜けないと奥に引っ込んでしまい、またすぐ出てくるので注意。

大抵は鼻毛を抜こうとすると、一発では成功せずに引っ張った反動で中に隠れてしまいます。こうなると、どの鼻毛が出ていたのかも外出先では分からなくなります。

一度抜くのに失敗すると、その日一日鼻毛を気にしながら生活することになってしまいます。

外出先での鼻毛は本当に厄介です・・

 

私の鼻毛での失敗談

私は鼻毛で何度か”失敗”をしています。

数年前に、5対5の”合コン”に参加した時に、鼻毛が出てしまった時がありました。その日は飲み会が始まって1時間くらい経ってトイレに行くと、黒くて長い鼻毛が飛び出ていました・・・

「今までどこに隠れていたの?」ってくらい太くて長かったです 笑

ハサミなど道具がなかったので、手で抜こうとするのですが、酔っているせいもあり頑固な鼻毛は抜けません。そうこうしている内に、引っ張った反動で鼻毛が中に隠れてしまい、抜けないまま合コンに再び戻ることに。

結構可愛い女の子ばかりだったのですが、私はそれ以降鼻毛が気になってしまい合コン所ではありませんでした。どことなく鼻がムズムズするので、鼻毛が出ている気がしてしょうがありません。

コマメにトイレにチェックしに行ったり、女の子との会話中も手で鼻を隠してばかり・・・

女の子に気付かれていたのかは分かりませんが、とにかく全く合コンを楽しめませんでした。「もしも鼻毛を見られていたら・・」と考えると、番号を聞く気分にもなれないし散々でしたね。

 

2.外出先でのオススメの処理方法

「鼻毛を抜く」「鼻毛を中に押し込む」という対処法は、鼻毛がまたすぐ出てくるし、見失う可能性もあるので止めておきましょう。私のように合コンがパーになる可能性もあります 笑

外出先でのオススメの処理方法は2つです。

 

鼻毛専用ハサミでカットする

外出先で鼻毛が出てきた時は、カットするのが一番オススメです。トイレで鏡を見ながら、出てきた鼻毛を少し奥の方まで切ってやれば、出てくる心配はなくなります。

鼻毛専用の小さなハサミを使えば、根本からカットできるし、失敗する恐れもありません。私は常にバッグの中に鼻毛専用ハサミを常備しており、鼻がムズムズしている時はカットするようにしています。

デート中や仕事、学校でも、鼻毛処理をすぐに出来るのでオススメです。

 

鼻毛カッターでカットする

鼻毛カッターも鼻毛処理では一般的になってきましたね。鼻毛カッターは鼻の入り口部分の、”いらない毛”だけを処理してくれます。

ですので鼻の奥の必要な毛は残し、体の衛生面でも安心です。サイズが大きいものですと持ち運びには不便なので、外出先で使用する時はコンパクトな持ち運びタイプを選ぶようにしましょう。

1000円程度で購入できるものが多く、一つ持っておくと何かと便利です。鼻毛カッターは外出先でもオススメですが、普段自宅での鼻毛処理にも使えます。

鼻に入れるだけなので、ハサミと違って面倒な作業がなく楽に鼻毛処理が行えますよ♪

 

外出先での鼻毛カットは2択

外出先で鼻毛が出ている時の処理方法は、「鼻毛専用ハサミでカットする」か「鼻毛カッターで処理する」のどちらかになります。個人的には、外出先では鼻毛専用ハサミを使うのがオススメです。

ハサミであれば鞄に入れておいても邪魔にならないし、何より友達や会社の同僚に見つかっても変に思われる心配がありません。鼻毛カッターなんて見られたら、それだけで恥ずかしい思いをしますよね・・・

鼻毛専用の小さなハサミを隠し持っておくのが一番です!

 

3.鼻毛が出るのを予防する方法

外出先で鼻毛が出ている時の処理方法は、「鼻毛専用ハサミでカットする」か「鼻毛カッターで処理する」のどちらかになります。

しかしこれってそもそも、鼻毛が出た後の処理になりますよね・・・?鼻毛は出ていても気付かないことが多いです。会社や学校で見られてしまうと、やっぱり恥ずかいです。

できれば鼻毛が出る前に、出ないための対策をしておきたいですよね。続いては、鼻毛が出るのを予防する方法についてご紹介します!

 

ブラジリアンワックスで脱毛する

KING's

ブラジリアンワックスを使えば、自宅にいながら数分で鼻毛脱毛が行えます。鼻の入り口付近の毛を綺麗に脱毛してくれるので、衛生面でも安心です。

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないので、しばらくしたら生えてきますが、長時間鼻毛の脱毛を維持できます。

ワックス脱毛の場合は鼻の根元まで入れるのではなく、手前だけ脱毛して奥の鼻毛は残すようにしましょう。入り口さえキチンと処理しておけば、鼻毛が飛び出る心配はありません。

【脱毛ワックスの処理方法】
1、ワックスを電子レンジで温める(500Wで4分)
2、専用スティックの先端にワックスを塗って鼻の中に入れる(5~7ミリ程)
3、固まるまでしばらく待つ
4、スティックを一気に抜き取る

ブラジリアンワックスを使って定期的に鼻の脱毛処理をしておけば、鼻毛が突然出てくる心配がなくなります。

人によって鼻毛が伸びるスピードは違いますが、大体1ヶ月~2ヶ月スパンで脱毛を行っておけば、鼻毛が突然出てくる事はないでしょう。

 

脱毛クリニックで鼻毛処理を行う


「永久的に鼻毛とおさらばしたい!」
「確実に鼻毛脱毛したい!」

このような考えをお持ちであれば、脱毛クリニックでレーザー治療を受けるのがオススメです。レーザーを使って脱毛すれば、面倒な処理もいらず半永久的に鼻毛が出る心配がなくなります。

ちなみに一般的には、脱毛クリニックで鼻毛の脱毛は行われていません。

 

レーザー脱毛はリスクがあります!

やはりレーザーを使った脱毛は、それなりにリスクを伴います。粘膜で覆われている鼻の中は、非常にデリケートな部分なので鼻毛脱毛を行っていないクリニックが多いです。

レーザー治療以外にも、鼻毛処理の後の「細菌」なども恐いですね。鼻の血管は直接「脳」と繋がっているため、細菌が入ってしまい「脳膜炎」などに繋がることも有り得ます。

レーザー脱毛は、特に脱毛する面積が広くダメージが大きいため、リスクがあることを知っておきましょう。心配であれば、クリニックの先生に一度相談することをオススメします。

 

4.まとめ

以上です。今回は会社や学校、デートなどの外出先で鼻毛が出ていた時の”処理方法”についてご紹介しました。鼻毛が出ていると、とってもみっともないし、今世紀最大の恥をかきます・・・

鼻毛が出ていた時は、すぐに処理できるように「鼻毛専用ハサミ」や「鼻毛カッター」を持ち歩くこと!手で抜くのは失敗した場合、反動で中に隠れてしまうのでNGです!

これは私も何度も経験していますが、ひっぱった反動で中に鼻毛が隠れると、その日は鼻毛が気になって人と会話をすることも出来なくなります。

鼻毛が出ないように、あらかじめ”予防”しておく事も大切ですね。個人的には「ブラジリアンワックス」がオススメです。

ブラジリアンワックスを使えば、手軽に鼻毛脱毛を自宅で行えるので非常に便利♪定期的にブラジリアンワックスで鼻の入り口付近の毛を脱毛してやれば、鼻毛が出てくる心配がなくなります。

ブラジリアンワックス

KING's

鼻毛処理はやり過ぎに注意してください。鼻毛を奥まですべて抜いてしまうのはNG。鼻毛はウイルスや菌から守ってくれる働きがあります。

脱毛や処理するにしても、鼻の入り口付近に留めておき、鼻の奥にある鼻毛は残しておいた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*